食育 ってなんだろう?                食育最近良く耳にする言葉です。食育とは 2005年に 食育基本法という日本の法律として制定されました。 幼稚園 保育園でも この食育という言葉は重要なキーワードです。 人を良く育む と書いて食育です。
幼児 幼少期の子どもたちは 急激に体 脳が発達し 生活習慣が身につき人との係わり方 自然との関わり方を覚え始める とても大切な時期を過ごしています。 この大切な時期に 最も密接に関わる行為が他ならぬ 食べるという行為です。 日本の食文化は 戦後の急激な経済発展とともに 様々なかたちに変化してきました。流通の変化や生活時間帯の変化 核家族の増加や女性の社会進出の増加などで 食べるという行為には 常に利便性を追求してきました。 その代表的な部分で 過剰な添加物の使用や農薬の
使用が上げられます。少ない領土の中で 大量の食材食品を季節を問わずつくりだす。またそれを 品質を変えずに日本全国に流通させる そのためにはどうしても 添加物や農薬に頼らざるを得なかったのです。勤勉な日本人はこれを次々に開発したのです。しかし これらの物質は本来自然界にはないものも多く含まれ 過去にはくちにしたことのないものです。たった今人体に影響がないとしても 体内で消化排出されず 蓄積されれば 長い歳月を経て 何らかの形で 良くない症状として現れるのです。アトピーや生活習慣病と呼ばれるものには その原因として 食品添加物や農薬が起因しているとも言われてもいます。こうした現在の日本の 食を取り巻く良くない環境を本来あるべき姿に戻していこう。健康な体 精神 生活環境を取り戻そうという思いが 体系立ててできたのが食育基本法です。人を良く育むと書いて 食育  食育とはすばらしくこの理念を象徴した キレイな言葉だと思います。 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM