日本の食料自給率はたったの40パーセント

食糧自給率とは・・・ 自国の食料の何パーセント自国でまかなえるかを示した数値です。 現状で日本は40%しかありません。残りの60%は海外からの輸入に頼っています。他国はというと穀物の自給率で言えば

オーストラリア 307%   インド   99%      
アメリカ    242%   中国    99%
フランス    209%   日本    27%

先進国と呼ばれる中では もちろん最低基準です。戦争をしていて穀物が作れない 島で穀物を作れない国と同じレベルです。
お米は 日本の主食ですが 減反政策があるため日本で消費する分だけがつくられています。
個人的には 日本人のお米に対する情熱や技術は 特別なものがありますし そのお米から作られる 日本酒は味はもちろん 文化 伝統 どれをとっても世界に誇れるものだと思います。 世界中を席巻する 寿司のシャリも日本のジャポニカ米が最も美味しく それに適しています。こうした 日本の文化や伝統は もっと世界に発信出来るはずじゃないかと思います。
30年から40年ほど前は 自給率は70%ありました。先日のブログにも書きましたが 昭和50年代は ごはんを中心とした伝統的和食が家庭の味でしたが それ以降洋食のメニューが段々増えることで ごはん離れが 加速しました。パン食が増えたり 牛肉をはじめとする肉類を好んで食べるようになりました。それから驚くことに 日本で 最も 消費されている穀物は お米ではありません。なんとトウモロコシです。   実は 日本人が食べるお肉の家畜の餌に トウモロコシを輸入しているからなんです。 それほどまでに お肉をたべているんです。 お米より多いとは ショックですね。ショック さらに驚くことに 東京で捨てられるごみの量 ゴミ収集車で2000台分あります。 これだけの量があれば なんとアジアで暮らす500万人分の食事量に相当します。なんと もったいない。・・・・・
 
明日は この もったいない のお話をしたいと思います。


















地元で取れた食材が いちばん

欧米化した日本の食生活。しかし今 伝統的な和食の良さが 見直されています。 1977年 アメリカ上院特別委員会で報告された マクガバンレポートでは 理想的な食事は 日本人の食事である。との報告がありました。

これから 日本食は魚中心で 肉食中心の欧米に比べ ヘルシーで身体に良い。 とのイメージが 世界中に広まりました。今から30年も前の話です。 そして最近では やはり魚が主役の 寿司が その見た目の美しさとヘルシーなイメージから 世界中を席巻しています。マグロやサーモンなど
人気の魚は 世界中で取り合いで 品不足に陥るほどです。
しかし こうして日本の食文化が世界中の注目を集める中 この30年日本国内においては 食の欧米かぁ! ん? すいません欧米でした。が進み 米や野菜の消費量が減って 肉類や油脂類の消費量が増加しました。その結果栄養バランスが崩れて 生活習慣病が死亡原因の6割を占めるようにまでなりました。
そして今 30年前 昭和50年代の 米を主食にした魚 野菜中心の副菜を多様に取り入れ 理想的なかたちが構成されていた 理想的な食事として認められた
健全な食生活を取り戻すことが 今の日本に必要とされています。

身土不二 この言葉は 人の命と健康は食べ物に支えられ 食べ物は土が育てる。故に 人の命と健康はその土とともにある。
ということを意味します。  明治時代には 四里四方(16キロ四方)で採れる旬のものを食べよう。といった運動もあったようです。最近では
地産地硝という言葉のもと 地元の生産物を地元で消費しよう。食べよう。といった社会的な取り組みがあります。これは 生まれ育った土地で取れた食べ物が 旬の食材が その時期自然と欲しがる栄養素を キチンと持っている。ということだと思います。

現在日本の食料自給率は 40パーセント。
欧米諸国と比較したとき 飛びぬけて低いパーセンテージです。
ここにも 和食の素晴らしさを失った日本の姿が映し出されています。
食育を通じて 改善したいですね。
 

給食で 身につくこと 給食の良さ

 食べることで幼児期に身につくこと 
・みんなと一緒に食事する 楽しさをする。
・正しい食事マナーが身につく
・薄味の味付けで 体に負担をかけずに 味覚が定着する。
・命の存在を知り 食べ物への感謝の心が育まれる。
・ごはん 味噌汁 季節の野菜など 基本の和食の美味しさにふれる。

2 給食で身につくこと 
・みんなと一緒に食事する 楽しさを知る。
・規則正しい食生活習慣がみにつく
・身体と心に良い食材を 自然に取り入れられる
・作り手の思いやりと愛情を自然に感じることができる。
・たくさんの食材を知ることで 食べることに 興味を持つようになる。

3 自園作る 給食の良さ
・冷たいものは冷たく 温かいものは温かくたべれる。
・みんな同じ献立で 楽しく食べて 好き嫌いが改善される。
・個人差に応じてお代わりができる。
・アレルギーを持つ子どもにも 個別に対応できる。
・旬の食材 安心安全な食材 添加物など極力少ないものを使用できる。
・季節や行事など 様々な状況の変化に対応できる。

給食には 給食だからこそ 経験できることがあります。
そしてまた 家庭料理には 家庭料理だからこそ経験できることがあります
。 そのどちらもが 子どもたちに 尊い経験です。給食では  
苦手な食べ物が みんなと一緒に食べることで克服できることが 数多くあります。これは子どもにとって 単に好き嫌いがひとつ減っただけではありません。


1 お家で食べれなかったのに これに先ずは挑戦した。
2 そしてその嫌いな味や食感や香りに我慢強く耐えた。
3 嫌いだった 苦手の食材を食べきった。
4 食べきったことで 達成感を味わうことができた。
5 苦手意識がなくなるともう平気 自信が持てるうになった。
6 自信が付いて 他の嫌いな食材も食べれるようになった。
 食べること 給食がたのしくなった。

挑戦し 耐えて やり通して 達成感を味わい 自信を持ち さらに挑戦し
楽しくなる。

たったひとつ 嫌いな食べ物に挑戦する行動が これだけの経験を生み出します。決して大げさに書いてるわけではありません。 子どもたちは 先生たちの温かい援助を受けながら みんなが食べてるんだから 僕もたべる。食べてみよう。と勇気を出してがんばっています。
たくましさを増していく 子どもたち。
お家でたべれなかった 嫌いな食べ物を食べれるようになったら
どうか たくさん褒めてください。
子どもたちは 褒められて一番うれしいのは 他ならぬ お父さんお母さんです。
目を キラキラ輝かせ ほんとうに楽しんでいるときの 子どもたちは
われわれ 大人の固定観念を かるがる飛び越えたパワーを発揮します。何事も経験とは よく言いますが 子どもたちにとっても 我々大人にとっても経験すること 大切ですね。子どもたちを見ていると とっても実感します。

今日は 園の各教室で給食を食べる時に 各担任の先生をはじめとする先生方が どんなことに気をつけて注意しながら 教育指導しているのか 実際に お約束ごととして実践していることを 紹介します。
わんぱく盛りの子どもたち お家でも さぞかして手強いことでしょう。そんなパワフルキッズが 各クラス約20名から30名(そりゃーすごい元気そしてパワフル)・・・チョキ その元気ものたちのクラスが10クラスあります。あちらこちらから おかわりくださいの元気な声 声 声・・・ちょっとなんだか もう 不思議と段々 笑えてたらーっきます。 そんな子どもたち相手に 日々笑顔で奮闘している先生方。 好きこそ物の・・・と言いますが 手前味噌ながら 先生方 いつもいつも素晴らしいです。 そんな 先生方と子どもたちの お約束 お家でも参考にしていけたら幸いです。お家で 園で同じ温度 方向性を持って取り組めると その効果や成果も 永く将来の子どもたちの 無形の財産として残っていくと思います.
 

田上幼稚園 田上キッズ保育園の給食のお約束事

 手洗い うがいをキチンとして待つ
  あいさつ(お父さん お母さん 給食の先生 おいしい給食をありがとうございます。残さずこぼさず よく噛んでたべます。 いただきます。)を感謝の気持ちを込めて 元気よく合唱する。
  お行儀 姿勢を正してたべる。(足をそろえる等)
  給食当番を決め よそったり配ったりする。
  待っているときは 静かに待つ。
  手に持つ器は キチンと手に持ってたべる。 
  よく噛んで食べる。
  ご飯粒を残さず食べる。
  パンは一口大にちぎってたべる。
10  自分で食べた食器は 自分でかたずける。
11  みんなで楽しく明るい雰囲気の中でたべる。


先生のお約束事
1 食べている途中で トイレに行かないように 前もって声をかける。
2 無理やり苦手なメニューを食べさせるのではなく 少しでも食べれたらキチンと褒めてあげて 偏食がなくなるように援助する。
3 年長組みは ある程度時間を決めてたべる。(小学校は約25分)




!快眠が 早寝早起きのコツ!
深夜まで眠くならない 食べる時間がない 食欲がわかない
などの原因は 生活習慣を改善することで 解消します。
快眠のための 第一歩は 日中に適度な運動をして 夕食後は なるべくゆっくりと過ごすことです。 以前と比べ 最近の子どもは 外で遊ぶ機会が減ってきました。その代わり テレビを見たり ゲームをしたり 脳を活発に働かせることがふえています。そのため 寝つきがどんどん悪くなっています。深い眠りが取れるように 夕食を早く食べる 寝室を暗くするといった演出も大切です。

朝食をキチンと食べる時間を確保するためには
夕食作りのときに 出来る限りの朝食の準備もしておくことがポイントです。どんなに忙しくても あまり食育・・・ あっれ 食欲がわかなくても
とにかく 毎朝食べ物を食べる習慣を身に付けることが大切です。
ただ 甘いお菓子や清涼飲料水だけというのは 無気力やイライラの状態になりやすい危険性があります。朝ごはんで食べるには とっても不向きです。
早起きは あさ落ち付いて食卓に着くために。
早寝は  あさ 気持ちよく 目覚めるために。
これが 朝ごはんへの食欲につながります。
 
朝ごはん たっべましょうグッドグッドグッド

早寝 早起きで生活のリズムを作る
夜型生活の悪影響
近年夜型生活の悪影響で 朝起きれない子どもが増えています。
朝食を食べない又は少ししか食べれない子どもが増えて 心身の成長に対する さまざまな悪影響が問題視 されています。
朝ごはんで脳が活性化 
脳を動かす唯一の栄養素 ブドウ糖は 脂肪と違い体内に蓄えておくことが出来ないため 夕食で摂取した分は睡眠中に全て消費され あさ起きたときには 誰でも睡眠不足になっています。 
そのため 朝食を抜くとブドウ糖が補給されず 脳の動きが鈍くなります。体温も上がらないため 眠さやだるさを強く感じるようになります。 
当然 集中力がなくなり 運動するにもすぐ 息切れしてしまいます。
逆に 朝ごはんを食べれば 脳にブドウ糖が活発に供給され 集中力や記憶力がアップします。
生活のリズムを整える。
1日の時間は24時間ですが 人間の体内時計は25時間周期です。
この‘ズレ‘をを修正してくれるのが 朝ごはんを食べることや朝日をあびることなのです。 夜更かし 朝ごはん抜きの生活が継続すると 海外旅行の時差ぼけのように 体内リズムが崩れてしまいます。また腸の働きは 朝の時間に最も活発になります。早寝早起きして 朝ごはんをキチンと食べましょう。 


近年 生活時間帯が段々深夜にずれてきています。労働時間帯が長くなったり 働く時間帯が多様化してきたこと等 様々な事情が影響しているとおもいます。しかし 時代が変わっても 子どもの生まれながらの生活時間帯は変わる事がありません。子ども本来の体内時計に合わせて 生活のリズムを
整えたいですね。

食育の実践
これまで 食育といえば 栄養や食品の理解がメインでしたが しかし食育とは それだけではありません。食育で学べることの中には 幼児教育と密接に関わることが 多くあります。食べることはもちろん 人との関わり 自然との関わり 料理を作ることとの関わり いろんな食文化との出会いなど園生活を通して 数多く食育を通して実践できる要素が含まれています。この数多くの要素が 子どもが今と未来を健康で活き活きと たくましく育っていく 基本的な生きる力を身に付けることに 繋がっていきます。 食育の今後の展開は これまでに実践されてきた 愛情弁当の日や農作物の収穫など 園全体として家庭や地域と連携しながら さらに食育を拡大していくことが 大事な要素になってきます。
食べること 
楽しく おいしく食べることは 食に対する興味関心を引き出し 生きる力の基礎を培います。
遊ぶこと
楽しく 思い切り遊ぶことは 食欲につながります。健康で活き活きと子どもらしく生活するためには 遊びが不可欠です。
ひと
誰かと一緒に食べたり 食事の話題や日常の話題で盛り上がることで愛情や信頼感が生まれ この親しい関係が増えることが充実感に繋がります。
自然
農作物や動物と触れ合うことで 命に出会います。そしてこの命をみんなで料理して食べることで命の大切さ ありがたさを心と体で感じとれます。
料理
料理する様子を見ることや 実際に手伝うことは 料理や食材に対する興味や食欲を刺激します。楽しく 正しく 健康に食べる力を身につけます。
食文化
子どもたちは 永く受け継がれてきた食文化や 他国の食文化に出会う中で食生活に必要な基本的習慣や礼儀や態度意を身につけます。
家庭
子どもの生活状況と園内の状況を共に共有し 家庭でも食育への興味を高めたり 関心を深めることができます。
地域
生産者の方や食品業者の方 地域の方と行事食 郷土食を食べるなど 地域の方との交流は日常とは違う学びがあります。

食べる そこから学べることは かけがえのない財産になります。家庭で 園で 地域で子どもたちを大切に育てていきたいですね。

幼稚園 保育園 献立作成のポイント
生鮮食品 特に野菜や魚は季節感のある食材を様々な料理に繰り返し使い旬を伝えていく。

主菜(メイン料理)を明確にして 子どもたちに 今日は〇〇の日とし っかり伝わる内容にする。

和食の基本 1汁3菜に習い(主菜 副菜 主食 汁物)になるべく沿った構成にする。

子どもたちに 人気の料理 人気の調理法を数多く取り入れ 食べる楽しみを演出する。

和食一辺倒 洋食一辺倒にならないように飽きが来ないように全体を構成する。

主菜に足りない栄養素や色彩は 副菜で補う構成にする。

一度の給食で なるべく多くの食材 栄養素を摂取できる構成にする。

様々なポイントに留意しながら 栄養バランスの良い構成にする。

全体の量を整え 美味しく楽しく食べきれる量構成にする。

10子どもたちが 食べ残しのない料理と構成を意識し 食べ終わって 次もまた食べたいと思える料理つくりを心がける。

11消化器が未発達な子どもたちの体に負担をかけないように また正しく
味覚の成長を促せるように 薄味の味付けを心がける。


12日常的に 家庭でも手作りで食べれる料理 構成を心がけ 子どもたちはもちろん 保護者にも興味を持ってもらえる内容 園と各家庭がともに
食育に関われる内容構成を心掛ける。

給食では 子どもたちに楽しく 美味しく 正しく食べてもらいたい  と願いを込めて 様々なポイントを意識して献立作りに取り組んでいます。しかし その献立のどれもが 全ての子どもたちに喜んで食べてもらえるわけでは ありません。みんなが大好きなカレーやハヤシライスでさえ 苦手な子どももいます。みんなそれぞれ 苦手な食材や料理があります。食物アレルギーを持つ子どももいます。こうした事も含め毎回 時間の許す限り 各教室を巡回し 子どもたちと お話をしながら
その食べる様子を観察しています。その時々で 大小様々な気付きがあります。これがとても 勉強になることも多く 楽しくもあります。育ち盛りの子どもたち一緒に 保護者のみなさんと園もともに成長できるといいですね>。

給食における食育の取り組み
古来 日本人は四季折々の旬の文化を大切にしてきました。
生活の中に 上手に取り入れてきました。
特に 食生活は 春夏秋冬の季節のめぐみに満ちあふれていました。
しかし今 食の大量消費の時代においては 流通網や情報網の発展で 逆に季節感のない 旬のない食生活が日常化してきました。
こうした流れもあり 幼稚園でも 主人公である子どもたちの 喜ぶ顔や健康面を考えた 食材や調理で季節感や旬を伝えることを 怠りがちになってきています。
これは 食の欧米化も影響があるかもしれません。
家庭の中でも そうした流れがあるかもしれません。
食品添加物や残留農薬は 食の大量消費社会においては大きく貢献もしました。こうした光の部分 そして健康面での問題は影の部分。食育はこうした影の部分も危惧して生まれてきました。
基本食材 調味料などは 添加物や残留農薬はもちろん 食材や調理法による季節感の演出も考え 上手に献立を作りたいとおもいます。


田上幼稚園 キッズ保育園の基本調味料のこだわり                                      田上幼稚園 キッズ保育園では 食育の観点から 今までにない取り組みをしています。信頼できる業者様のご協力のもと 出来ることから 少しずつ取り組んでいます。前述の通り 添加物や農薬が目には見えない形で健康を脅かしています。こうした状況の中 食育を実践する意味でもなるべく自然に近い調味料 食材を入手し 使用するように心掛けています。日々260食の給食を作る中 時間的制約をはじめ様々な制約 また予算もあります。しかしこれを前提条件として 日々子どもたちの笑顔に会いたくて この笑顔が未来にまで続いていくことを願って どのように取り組んでいるかを一部紹介したいと思います。

基本調味料のこだわり
通常使われる食塩は 精製度が99%以上あり天然成分のミネラルはほぼ含まれない薬品に近いものです。しかしこれでは消火器が未発達な子どもたちには 負担が大きいため 給食では天然成分豊富な岩塩を使用します。海水から取れる塩も ミネラル豊富な良い塩がありますが給食では野菜と肉類を多く使用するため 陸上で採れる食材には陸上で採れる塩が相性がいいため 岩塩を使用します。

砂糖砂糖も塩同様 通常使用される上砂糖は やはり精製度が高いため 三温糖や黒糖を使用します。

醤油 大分産の無添加の醤油を使用しています。香も味もすっきりしたタイプです。よく使用される甘口の醤油には 甘味料や香味料などが 添加されていることが多く そのため逆に料理全体の味を調えやすく 使い勝手はいいのですが 後味の引っかかりや健康面を考慮すれば 無添加の醤油が良いとおもいます。園ではこれを薄口 濃い口醤油とも樽で購入し 保存料を使用していないので 冷蔵庫で保存し小分けにして使用しています。

味噌大分産の無添加の麦味噌を使用してます。一般によく使用される次亜塩素酸ナトリューム【漂白剤】や防腐剤は使用されてません。無添加の味噌は これまた無添加のだしと合わせてみそ汁にすると 香り高くスッキリとして しかも味わい深い 体に染み込むよな感覚をえられます。園でも この感覚を理解できる子どもが確実に増えてきています。

だしだしも こだわりの無添加です。ただし だしパックを活用しています。それにより 味のブレがなくなります。かつお むろあじ さば 煮干 昆布 椎茸 の混合だしです。味良し 香り良し のだしです。

牛乳瞬間的に蒸気で殺菌する手法で栄養分の損傷の少ない 乳脂肪分の高い濃くて美味しい牛乳です。保存容器の紙パックもアルミニュウム箔をプラスした5層に加工されたもので 光 酸素 臭いを遮断し 酸化と劣化を抑えた 安全性の高い牛乳です。 

たまご串木野産のたまご 生産者様の自家農園の無添加野菜 薬品を除去した配合飼料とマイナスイオン水を 毎日与えられた健康な鶏。敷地や鶏舎も土や空気を清潔に保ち 厳しい管理システムで採卵洗浄された美味しいたまごです。料理すれば ほかのたまごとの違いを実感できます。

お肉主に鹿児島県産の新鮮なお肉を使用しています。お肉に限らず給食の食材は 必ず85度以上で加熱します。しかし加熱以前の加工段階で肉汁等が菌を持ったまま 他の調理器具等に付着しないように 業者様に安全にカットしていただいて 肉汁が出ないように マイナス5度から0度で冷凍したものを納品していただいてます。公立の給食センターでも使用されている鮮度 安全性の高い美味しいお肉です。

お魚世界基準の高度に安全性を認められた(HACCP)工場で加工された魚の切り身を主に使用しています。この魚の切り身は骨抜き加工を施し レントゲンで確認し データーを保存しています。安全で美味しいお魚です。

人間の体の70%は水で出来ているといわれます。つまり 水の良し悪しは 健康にダイレクトに影響します。給食で使用する水は 安全安心な 電解還元水を使用します。食べ物の美味しさを引き出す還元水は酸化された物質を元の状態に戻す作用があることが 科学的に証明されてます。粒子が細かく浸透性が高いため 野菜やお米を浸しておけば 残留農薬等を取り除く効果があります。人間の体は 酸化することで老化しますが この元凶である活性酸素を 水を電気分解することで得られる電気還元水が取り除いてくれます。多彩な健康効果が証明された還元水は 医療用としても活用されています。滑らかでスッキリした美味しいみずです。

いやいあ というわけで 今日のブログを最後まで読んでいただいた あなた様 おつかれさまでした。一寸 首でもグルリと回して 関節やらならしてください。大丈夫ですか? えー 酸欠になってませんか?深呼吸してくださいね・・・・  園ではこうした取り組みをしているんだー って少しでも理解していただければ幸いです。何よりこうしたことを 今後も徹底できればとおもいます。   明日は ちょっと軽めに行きますよ それでは今日はこの辺で かんべんしましょう。おつかれさまでした。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM