食材のこだわり

ムクダイ農法で育てられた野菜で作る田上幼稚園、キッズ保育園の給食




園長 永吉龍志

平成25年度も2カ月が過ぎ梅雨の季節を迎えようとしており、子供たちは幼稚園生活に慣れ元気に活動しています。5月から給食が始まり大好きな給食をおいしく食べています。

これまで田上キッズ保育園の給食は、文部科学省のモデル事業として2年間研究を重ねてきました。おかげさまで子供たちからもご父兄の方々からも好評を得ています。特に「いりこ」は子供たちが大好きで、家庭でもいりこを好む子供たちが多いと聞いています。カルシウムの補給にも役に立っていると喜んでいるところです。田上キッズ保育園を開設してから8年間の給食を毎日ホームページに載せてきました。その結果、出来上がったメニューが111種類の数になり、こうして皆様のご家庭に冊子にして配布することができるようになりました。子供たちが毎日食べている給食のメニューです。子供たちと一緒に給食に興味を持っていただけば幸いです。

いよいよ6月から念願の給食材料にこだわりを探し求めていた、有機栽培で無農薬のムクダイ農法で育てられた「おいしい安全な野菜」を調達し、こだわりの給食に取りかかれます。長年探していましたがこの間、中国の偽装食材や狂牛病、鳥インフルエンザと世界を取り巻く食の安全に関して不安な材料が多く食の安全について問題となってきました。このたび調達する野菜は、生産者が明確に表示されていますのでより安全な食材を確保することができるのではと思います。6月からの給食の食材には田上幼稚園・キッズ保育園の「食育」としてこだわっていきたいと思います。

野菜以外の調味料もこだわりを持ちます。塩、砂糖、豆腐、卵、肉、魚など田上幼稚園の給食にかかわる食材を安全なものにしていきます。

ご家庭におかれましても子供たちが食べている給食に興味を持っていただき、健康な体と精神を持った子供たちを育てていきましょう。

 

なお「ムクダイ農法」とは化学肥料や農薬を使用せず、大地の力を高め、地球にも人にも優しい農法です。食べた時に野菜本来のえぐみの無い甘味を感じます。

ムクダイ農法の野菜を取り入れた理由として、子供たちにとって無害な食材でアレルギーにも強い体を育成できると判断したからです。ムクダイ農法で育った野菜で、正しい栄養を取り、体を鍛えることによってインフルエンザのような感染症の強い病気に対しても抵抗力を持った体力つくりができると思います。

今後、新しい食材を取り入れた結果はホームページ等で随時みなさんに報告いたします。




Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM