卒園生の保護者のみな様へ

田上幼稚園園長 永吉龍志

いよいよ、卒園式をすることになりました。保護者の皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、田上幼稚園では、一年があっと言う、間に過ぎ去ろうとしています。

319日には卒園式を迎えることになりました。年長組みは、今、卒園式の練習で、子どもたちも緊張の度合いを増しながら、一生懸命頑張っています。今まで、幼稚園で頑張ってきた色々な行事で鍛えてきた体力や知識を総結集して卒園式に披露することができると思いますので、保護者の方々や関係の方々楽しみにご期待していただきたいと思います。去年の4月に、年長組みになったとき、今年の年長さんは大丈夫だろうかと思い、幼い子どもたちに不安と期待をいだき、一年間のカリュキュラムを編成したことを思い出します。今年は特に、天候の不順により『家族フェスティバル』が中止になったり、子どもたちの成長過程を見入れないまま、不安な材料をかかえ、新年度を迎えました。しかし、鼓隊の練習が始まり、学習プログラムも活動し始めると子どもたちの吸収力は、見る見るうちに発揮し始めました。二学期の運動会は、広き小学校が体育館の改築工事で武中学校の校庭をお借りして運動会を虚構いたしました。これも天候のいたずらで現地練習もできず、ぶっつけ本番の運動会となりましたが、みなさん、いかがだったでしょうか?今までにない、できだったのではないでしょうか?マーチングもすばらしかったですね!他の種目もすばらしい内容でした。子どもたちの才能をまざまざと見せ付けられた瞬間でした。そして、12月には田上幼稚園創立以来始めての、鹿児島市立美術館に全園児の展示発表会、これもすばらしい内容でしたここ何年間取り組んできた絵の指導、特に「観察力」を身につけるための「デッサン」の指導などが生かされました。きめの目細かい観察力が身についた田上幼稚園の子どもたちの絵が絵の関係者からのお褒めの言葉をいっぱい届けていただきました。本当に嬉しく思っています。そして1月30日に開催された「音楽会」、市民文化ホールが改装とあって全面使用できないという事情で、鹿児島県交流センターで二部に分けての開催、それもまして抽選が厳しく、一月のこの時期となり、これも不安と経験のない会場と期日の中での開催でした。不安な材料の中であんなに立派なすばらしい『音楽会』が開催できたことに本当に感動しました。本当に何もかもが不安な中での一年間でしたね。年長組みの皆さん本当にありがとう。また、ご協力していただいた保護者の皆様本当にありがとうございました。子どもたちの末長い成長と、「21世に羽ばたく」厳しい社会を生き抜く力を備えてくれることを楽しみにして期待いたします。

 325日は先生たちの音楽の研修会です。最後に年長さんの演奏を研修会で披露したいと思っています。当日の卒園式が過ぎたあとですが参加をよろしくお願いたします。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM