昨日は、七草でした。皆さん、七草粥を食べられたでしょうか?
七草とは,正月7日の朝に粥に入れて食べる7種の野草,もしくはそれを食べて祝う行事。この日,あつものにした7種の菜を食べて邪気を避けようとする風は古く中国にあり,その影響を受けて,日本でも少なくとも平安時代初期には,無病長寿を願って若菜をとって食べることが,貴族たちの間で行われていたそうです。ただ,七草粥にするようになったのは,室町時代以降だと言われています。七草は,セリ,ナズナ,ゴギョウ,ハコベラ,ホトケノザ,スズナ,スズシロの7種だとされていますが,地域によって必ずしも一定せず,そのうちいくつかが含まれていればよいと考える所もあります。
七草の行事では,前の晩に神棚の前にまな板を据え,包丁の背やすりこ木,火鉢,杓子などで野草をたたき刻んでから神に供え,7日朝それを下げて粥にいれて食べるみたいです。供え餅の砕片を加える場合もあるそうです。
七草の汁をつけて爪を切ると爪の怪我をしないという説もあるみたいです。
みなさん,七草粥を食べて元気に新しい年を乗り越えていきましょう。
 





Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM